スマート事業

スマート事業

Smart Business

eMeter

eMeter

データ利活用課題解決支援

Data utilization problem solving support

eMeter

開発背景

近年は少子高齢化がエネルギー業界や社会インフラにも影響を及ぼしています。
電力スマートメーターは電源があるため、急速に普及していますが、ガスと水道メーターのスマート化はほとんど進んでいませんでした。
それに伴う影響で各種問題が浮き彫りになりつつあります。
『検針員の高齢化による人手不足、水道事業の採算が合わず民営化、検針ミスが多発、遠隔地や雪地帯の検針効率が悪い、 LP ガスの残量が分からなくて配達効率が悪く、且つ配達員の確保 が困難』など、ガスと水道メーターのスマート化も必要とされていますが、メーターごとの交換にかかる各種コストと法定交換時期、交換後に通信問題が起きた場合のリスクなど、様々な課題をクリアしなければなりません。

今あるメーターをスマート化 「eMeter」

既存のガス、水道メーター等に簡単取付。
高精度カメラ(LED ライト内蔵)を使用しメーター部を撮影。最新の NB IoT 通信により、撮影した画像は AIS Cloud (アイスクラウド)サーバーに送られます。画像は AI 技術により画像認識・データ分析が行われ数値化した情報が確認できます。
撮影画像はいつでも確認可能。 ※eMeter 特許出願済

特徴

1.水道、ガスを止める必要がなく、既設メーターに取付可能
2.LPWA NB IoT )通信で全国エリアカバー
3.電池駆動で長時間稼働
4.AI 技術による画像解析で精度が継続的に向上
5.ガス、水道、電気、工場の気圧メーターなど各種メーターに対応

取付方法

今あるメーターに「eMeter 」を付けるだけ。
ガス、水道を止めることなく既設メーターに後付け可能。取付時間は30 秒前後、通信設定と合わせても約 5 分で完了。
ガスメーターは両面テープでの接着、ワイヤーで固定するだけの簡単設置。水道メーターはアタッチメントを装着、本体を固定するだけの簡単設置。
取り付けた後でもメーター部は目視で確認可能。

LPWA (NB IoT)通信

携帯電話キャリアの提供する、最新の通信方式NB IoT を使用。
低価格、低消費電力での通信が可能。既存の携帯電話基地局のネットワークを活用し、全国エリアをカバーし、安定的な通信を提供できます。
例えば、鉄扉の中でさえも通信可能。ソフトバンク様より商用サービスが提供開始されています。
撮影した画像を送信する為、指針値だけではなく、撮影した画像も Web 上で確認可能。

電池駆動

低消費電力のNB IoT 通信を使用する事で、電池駆動での長時間使用を実現。
1日 1回の通信で 5年間使用可能。月1回の通信なら 10年間使用可能。
※設置環境により変動します。通信間隔は必要に応じて変更可能となります。

画像解析

独自の補正機能+AI 技術=総合認識率ほぼ 100 %達成。暗闇での使用を想定しLED ライトは毎回点灯。

対応メーター製品

ガス、水道、電気、気圧メーター等各種メーターにも金型変更により対応可能。現状は流通量の多い型式のメーターへ対応したeMeter を発売予定。

検針結果確認方法

Webブラウザからの確認(専用 ID とパスワードを使用) CSV データのダウンロードが行えます。
また、サーバー間連携が可能なため、各種請求システムと連携してペーパーレス決済も可能。

ターゲットプライス

・本体 1万円前後
・通信料金、システム利用料 導入台数により異なります。お問合せください。

eMeter 実績


データ利活用課題解決支援

サービス概要

情報社会(Society4.0)の発展により、企業や組織には多くのITシステムが導入され、「様々な情報/データ」が蓄積されてきました。
また、SNSやIoT、ロボットのデータに代表されるビッグデータや行政などが公開するオープンデータも数多く存在しています。
これからの時代は、企業の経営課題や自治体の行政課題の解決や事業評価に向け、これらのデータの横断的かつ有効的な利活用が求められます。
当社は、お客様と一緒に、問題点の中から真因を探し出し、課題の設定と解決策を検討していきます。そして、問題の可視化や課題解決に必要なデータの選定、収集を行い、データの分析結果から課題解決に向けた戦略的データ活用のモデルを作り上げていきます。
さらに作成したモデルを評価することで、改善を繰り返し、お客様の成長を支援してまいります。

サービス詳細

目的に沿ったデータ分析には、分析に必要な適切なデータの収集が必要です。
不適切なデータによる分析では思うような結果が得られないばかりか、誤った意思決定のリスクが大きくなるため、慎重なデータ選定と収集が重要になります。
そのために、組織内に蓄積された各種データを中心に、IoTやロボット等のデータ、SNSやオープンデータ等の第三者データを収集し、目的に合った分析結果が出せるかという検証をお客様と一緒に行います。
分析データを確定した後、多角的な分析を行うこうとで、可視化の実現(BI:Business Intelligence)と分析結果(BA:Business Analysis)の戦略的利活用を行うこととなります。
当社では、分析に必要となるデータの収集から、分析・活用まで、お客様の状況に合わせてご提案を行います。

サービス適用例

■ 事業・施策・イベント評価
KPIだけでなく多様なデータを活用し、多角的・客観的に成果の評価を行います。また、改善事項を明確にし、次のアクションへ反映します。
■ 評判分析
SNS等のビッグデータを活用し、商品やイベント、施策の評判を分析し、批判的な意見に基づき、改善点を明確にします。
■ リスク軽減
組織内のデータを時系列に分析し、変化点とその要因を特定することでリスクの予防を可能にします。